恋愛

夫から女として見続けてもらう方法!女性ができること21選

夫が妻を女性として見られない?!

新婚の時にはどの夫婦も恋人同士のようにラブラブです。
しかし、結婚生活を続けていくうちに「妻に異性としての魅力を感じなくなった」「夫に女性として扱われなくなった」という話を聞いたことはありませんか?
いつの間にか妻は女性ではなくなってしまう。。これは、実は身近に起こりうる話なのです。
今回は、夫に女性として見続けてもらうために妻が出来ることをまとめました。

女性として見続けられるために妻ができること21選

1. 肌をさらさない

いつでも見ることができるものには有難みがなくなり、興味がなくなってしまったという男性が多くいました。
妻の肌を見られるのは夫の特権ではありますが、常に視界に入ることは魅力的ではありません。
一緒にお風呂に入るという新婚さんもいると思いますが、毎日にならないように気を付けたいです。

2. 下品な行動をとらない

ためらいもなくオナラやゲップをする姿は、付き合いはじめの頃には決して見せなかったはず。
生理現象なので仕方のないことではありますが、人前で堂々とすると下品な行為となってしまいます。 
家族になってもトイレに行ってするなどの最低限のマナーは守りましょう。

3. 美味しい料理をつくる

奥さんに胃袋から掴まれたという男性は多いです。
結婚当初は頑張って作っていたお料理、年々手抜きになっていませんか?
帰るのが楽しみになるような美味しい料理を作ってあげましょう。

4. サプライズをする

誕生日や結婚記念日など、たまにはサプライズで旦那様を驚かせましょう。
少しビックリしたりワクワクするようなサプライズがオススメです。
よくある話ですが、心拍数を上げ、吊り橋効果で奥様へのドキドキした気持ちを取り戻していただきましょう。

5. 丁寧な言葉をつかう

男言葉やヤンキーのような口調の方には、女性としての魅力を感じないという男性は多くいます。
口喧嘩になった時など、気持ちが高ぶった時には特に注意が必要です。
女性らしさを保つためには、丁寧な言葉遣いをするよう普段から心がけましょう。

6. 清潔感を保つ

歯磨きや入浴などを面倒臭がって行わないひとは誰だって嫌ですよね。
また、ボロボロの服や使い古された下着を身に着けている女性にトキメクことは出来ません。
家族の前でも最低限の清潔感は保っておきたいですよね。

7. 良い香りでいる

女性はいつも良い香りがする生き物、と思っている男性は多いのです。
近くにいった時に、ふわりと女性らしい香りがすると思わずドキっとします。
良い香りのするボディクリームやシャンプーを見つけて使ってみましょう。

8. プロポーションを保つ

結婚や出産を機に奥さんの体系が崩れたという経験談は多くあります。
長年女性として見続けてもらえる多くの奥様たちは、プロポーションの維持を大切にされています。
自宅でのトレーニングや食事への配慮は継続していきましょう。

9. 出掛ける時にはお洒落する

動きやすさを重視した服装になる、子どもが出来ると尚更のことですよね。
毎日は難しいかもしれませんが、外出の時には女性らしい服装をするように心がけてみましょう。
また、普段はスッピンでも、お出掛けの際にはしっかり化粧をするようにしましょう。

10. 体毛の処理をする

女性は毛が生えないものだと思っている男性は多いです。
肌に触れた時に、ザラリ・・・とした感覚がすると幻滅してしまうかも。
付き合っていた頃と同じように、体毛の処理は続けていきましょう。

11. 髪や肌のケアをする

サラサラの髪の女性は、思わず頭を撫でたくなってしまいます。
すべすべの肌の女性は、思わず頬ずりをしたくなってしまいます。
ボサボサの髪やガサガサの肌では女性としての魅力は半減されてしまいますので、ケアを怠らないように気を付けましょう。

12. 穏やかな心でいる

人は怒っている人に対して好意的な感情を抱くことが難しいです。
ヒステリックになっている女性を見ると、男性は呆れてしまったり恐怖心をもつことがあります。
また、罵られることによりプライドを傷つけられ、女性としてみられなくなったケースは多いので注意しましょう。

13. 思いやりをもつ

男性は優しくされるとキュンときてしまう単純な生き物です。
旦那様への思いやりを忘れずにいることで、さりげない気配りができるようになります。
特に、困っている時、気持ちが落ち込んでいる時には、あたたかな言葉をかけてあげましょう。

14. 女性らしい仕草をする

大股開きや盛大なくしゃみは、オヤジくさい仕草であり、女性がしていたら幻滅してしまいます。
小さくくしゃみをしたり、あくびを手で隠したりする仕草は思わず可愛い!と思ってしまうもの。
女性が考えているよりも、男性は女性の仕草に敏感です。

15. ギャップを見せる

ずっと同じ髪型、ずっと同じ服ではマンネリ化してしまいます。
男性はギャップに弱く、キュンとさせるために効果的です。
いつもと違うヘアアレンジをしたり、いつもは履かないスカートを履いたりしてギャップを見せましょう。

16. 夫を否定しすぎない

男性の心はとても繊細です。
自分の意見を強く否定されたり、面倒なそぶりを見せられると簡単に傷ついてしまいます。
旦那様の自尊心を守ってあげてください。

17. スキンシップをとる

いくつになっても手をつないだり、腕を組んだりして歩く夫婦はとても素敵ですよね。
スキンシップは愛情を感じる行為であり、夫婦円満でいるためのコミュニケーションのひとつです。
夫婦としてスキンシップの機会は大切にしましょう。

18. 夫を褒める

男性は褒められることが大好きです。
特に人前では、必ずご主人をたてるようにしましょう。
そうすることで、男性は女性に頼りにされていると感じ、自分が守らなくてはいけない存在だと認識します。

19. 二人だけの時間をもつ

いつも子供が一緒では、奥さんを母としてしか見られなくなってしまいます。
毎日1時間、せめて月に1回でも夫婦だけの時間を作りましょう。
母ではない時間を作ることで、女性として見てもらう機会を作ることが出来ます。

20. 会話をする

夫が朝起きてきたら「おはよう」と言う、帰ってきたら「おかえり」と言うなど基本的な挨拶は忘れていませんか?
疲れていることを理由に返事が適当になってはいませんか?
こんなことでは夫婦の会話は段々と減ってしまいます。意識的に会話を大切にしましょう。

21. 感謝の気持ちを言葉にする

例えば家事をしくれたとき、やって当たり前という態度を出さずに、一言「ありがとう」と伝えてみましょう。
「ありがとう」と言われて嫌な気持ちになるひとはいませんよね。
感謝の言葉があるだけで男性は気持ち良く過ごすことができます。

いつまでも夫婦円満でいるために

今回は結婚してからも女性として見てもらうために妻が出来ることをご紹介しました。
夫にとって自慢できる女性でいること、いつまでも魅力的な女性でいることが大切です。
今の自分と結婚したいと思ってもらえるかを考えてみましょう。
ご紹介した全てのことを守るのは大変ですが、一日一個からでも始めてみましょう。