恋愛

【必見】彼氏や彼女を怒らないための方法!21個のまとめ

今回は、恋愛についてです。

ついつい恋人を怒ってしまう・・・。
そんなお悩みを抱えたあなたに向けた記事です。

この記事では、すぐに怒らないための方法をまとめています。
是非参考にしてみてください。

全て実践する必要はありません。自分に合うものがみつかったら、それだけ使えば大丈夫です。それだけでも十分に効果がありますよ。

怒らないようにする21個のテクニック

良いところに目を向ける

怒りそうになったら、恋人の良い所を思い出します。
思い出のエピソード。好きなところ。事前に考えておきましょう。

間を取る

怒りそうになったら、頭の中で1・2・3と数えて強引に間を取る。
冷静になる時間をつくります。そんなに怒ることか。一度考えてみましょう。

相談相手をつくる

悩みを聞いてもらえる相手をみつけましょう。感情的な人ではなく、冷静な人だと良いですね。ストレスがたまりにくく、心に余裕もできるので、怒りにくくなりますよ。


自分が言われたら?と考えてみる

怒りそうになったら、自分が言われても嫌な気分にならない言い方で伝えてみます。

ルールをきめる

今日は~しない。とルールを決めてみましょう。まずは期間限定で大丈夫です。徐々に癖にしていきます。例)声を荒げない、否定的な発言をしない、など

いつもと違う行動をとる

普段やったことがないことに挑戦してみると、ストレス解消になって怒りにくくなります。(例)一人カラオケ、1人ドライブ、筋トレなど

相手のせいにしない

相手だけが悪くて、自分は一切悪くない。という考えを一度捨ててみてください。自分にも原因が無いか、なおせるところはないか考えてみましょう。自分は間違っていないと確信することは危険です。

考えなおす

怒ってしまうのは、認められないからです。そういうものだと考え直して、一度相手を認めてみましょう。欠点を認めてみてください。欠点があるのはお互い様ですね。

怒りたくなった理由を考える

どうして怒りたくなったのか考えてみましょう。そして、その理由をそのまま伝えてみます。例)心配だったから。悲しかったから。不安だったから。

その場から離れる

怒りそうになったら、その場から離れて間を作る。
冷静になれる時間をつくります。例)トイレに行く。

良い恋人になる

あえて怒ったり、否定したりせず、相手に全力で尽くしてあげます。否定するのではなく、徹底して褒めてみましょう。優しくしてほしいなら、まずは自分から変えてみます。

イライラの原因を取り除く

怒りたくなった原因がやめてしまえるものなら、1度思い切ってやめてみましょう。

怒った方が疲れることを知る

怒られることより、怒るほうが被害が大きいです。すごく疲れます。自分に毒を盛るようなことだと認識してください。怒るのがバカバカしく思えてきますよ。

相手に期待しない

怒ってしまうのは相手に期待しているからです。期待すれば、「なんで?」と怒りたくなります。期待しなければ、そういうものだと冷静に対処できるようになります。

呪文を唱える

怒りそうになったら、冷静になれる呪文をとなえます。
何を言えば冷静になれるかは人によって違います。事前に考えておきます。

喧嘩ではなく議論をする

怒りたくなったら、話し合いをする姿勢で反応してみましょう。喧嘩をするのではなく、議論をしてみましょう。

身体のコンディションを整える

疲れていたり、お腹がすいていたり、体調が悪いと怒りやすくなります。
怒らないようにするため、体調が良い時に恋人に会うようにするのは効果的。


情報をあつめる

相手が怒らせるようなことをした理由を考えてみましょう。情報を集めてみて、相手の気持ちが理解できると、案外怒らずに済むことは多いです。

真面目に受け取らない

すぐ怒ってしまうのはあなたが真面目すぎるのが原因かもしれません。スルースキルを身に付けましょう。右から左に受け流せるくらいのスタンスでいましょう。

伝え方を工夫してみる

工夫次第では、嫌な怒り方を「可愛い怒り方」に変えることができます。伝え方を考えてみましょう。例)甘え口調で怒る、楽しそうなイントネーションで怒る

怒りを感謝の気持ちに変える

衝突に感謝しましょう。今よりさらに仲良くなれるチャンスだと捉えてみてください。前向きな気持ちは相手も前向きに変える力をもっています。


終わりに

いかがでしたか。
いい方法は見つかりましたでしょうか。

気になった方法があれば、ぜひ一度試してください。
難しいことですが、すぐ反射的に怒りださないことがとても大切ですね。