美容・ファッション

【保存版】ぽっちゃりとデブはどう違う?16個の違いまとめ

デブとぽっちゃりの違いについてご存知でしょうか。

これは明確に定義されていません。
人によって意見がバラバラです。

今回は、女性の方には耳が痛い話になりますが、みんながどのように定義しているのかを徹底的に調べてまとめてみました。

人によって定義が大きく違うことがわかりますよ。
ぜひ参考にしてみてください。

ぽっちゃりとデブの違い

清潔感があるかどうか

清潔感がある体格の良い人を「ぽっちゃり」。
清潔感がない体格の良い人を「デブ」と呼びます。

性の対象として魅力的かどうか

魅力的に感じる体格の良い人を「ぽっちゃり」。
魅力的に感じない体格の良い人を「デブ」と呼びます。

顔立ちの違い

顔立ちはハッキリしている人、、輪郭はハッキリしている人、ぎりぎり二重顎になっていない人を「ぽっちゃり」。
顔が大きくて丸い人、輪郭が肉になっている人を「デブ」と呼びます。

鎖骨が見えるかどうか

鎖骨の見える体格の良い人を「ぽっちゃり」。
鎖骨の見えない体格の良い人を「デブ」と呼びます。

バストの違い

ハリと弾力のある上向きバストを持った人を「ぽっちゃり」。
Tシャツを着た時に、胸の形がはっきり分かります。

胸よりもお腹が出ている人を「デブ」と呼びます。
Tシャツを着た時に、胸とお腹が一体化しています。


ウエストラインの違い

ウエストラインがはっきりしている人を「ぽっちゃり」。
Tシャツを着た時にまだ少しのゆとりがあります。

ウエストからお肉がはみ出している人を「デブ」と呼びます。
Tシャツを着た時にお腹の形が出てしまいます。


手首や足首の太さ

手首や足首が太すぎず細すぎず、丁度良い肉付きをした人を「ぽっちゃり」。手首や足首が太く、足首がふくらはぎと一体化してしまった人を「デブ」と呼びます。

贅肉の付き方

ムッチリ感が愛らしくて、二の腕や太ももの触り心地が良さそうな人を「ぽっちゃり」。つい触りたくなります。

脇肉や背中のお肉がはみ出ている人、肉割れがものすごい人を「デブ」と呼びます。太ももは丸太にしか見えない状態になっています。触りたいと思えません。

愛嬌があるかどうか

体格が良くて愛嬌がある人を「ぽっちゃり」。
体格が良くて愛嬌がない人を「デブ」と呼びます。

足の長さ

体格が良くて足が長めな人を「ぽっちゃり」。
体格が良くて足が短い人を「デブ」と呼びます。

手の柔らかさ

「ぽっちゃり」の人の手は柔らかい。
「デブ」の人の手はなぜか硬いと言われています。

声の違い

体格が良くて、普通の声の人を「ぽっちゃり」。
体格が良く、お相撲さんのような声の人を「デブ」と呼びます。

顔が可愛いかどうか

体格が良くて顔が可愛ければ「ぽっちゃり」。
痩せれば可愛い!と言われるタイプの人です。
体格が良くて顔が可愛くなければ「デブ」と呼ばれます。

性格の問題

体格が良くポジティブな人は「ぽっちゃり」。少しも気にしていないかのような明るい人が多いです。
体格が良くネガティブな人は「デブ」と呼ばれます。

ポケモンで例えると・・・

「ぽっちゃり」はゴンべ。
「デブ」はカビゴン。

服装の違い

体系を活かした格好ができているかどうかで、「ぽっちゃり」か「デブ」か認識のされ方が異なります。

終わりに

いかがでしたでしょうか。

色々な定義のされ方があってとても興味深かったです。
参考になりましたら嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。