暮らし・知恵

部屋のテーマカラーは何色にする?【印象・風水・心理効果】

部屋作りの第一歩はテーマカラーを決めることから

お引越しをしたら、楽しみなのはインテリアやお部屋のテイストを考えること。
まずは、テーマカラーを決めると統一感のあるお部屋が出来上がります。
こちらの記事では、部屋の色が相手に与えるイメージ、心理効果、風水を参考画像と一緒にまとめています。

部屋のカラー別の印象

青(ブルー)・水色

<印象>
海や空を連想される青は、爽やかな印象を与えます。
他にも、知的、勤勉、クール、など優等生の部屋をイメージされやすいです。
寒色の代表色なので、少し寒々しい印象を受ける方もいます。

<心理効果>
平静な気持ちになる効果があり、安眠に良いとされています。
また、食欲抑制に効果的だと言われており、ダイエット中の方には良いカラーだと言えます。

<風水>
信頼度、仕事運UP

緑(グリーン)

<印象>
木々や草木などの自然を連想されるカラーです。
ハッキリとした濃いグリーンは落ち着きを感じさせます。
大人っぽい印象を与える部屋になるでしょう。

<心理効果>
鎮静作用のあるカラーです。
悪い意味では、気持ちを暗くさせるカラーだと言われています。

<風水>
健康運、信頼度、才気UP

黄緑

<印象>
グリーンに比べて黄緑はやわらかい印象になります。
自然体の印象はそのままに、より親しみやすい印象を与えます。
人を選ばず、リラックスできる空間になり、人が集まりやすい部屋になります。

<心理効果>
リラックス効果のあるカラーです。
日常のストレスを緩和し、リフレッシュしたい方にお勧めです。

<風水>
健康運、信頼度、才気UP

紫(パープル)

<印象>
気品があって上品、お金もちな人の部屋など、エレガントなイメージを持つ方が多くいました。
一方で、ハレンチ、中二病っぽいなどのネガティブな印象をもつという方もいらっしゃいました。
アクセントとして使う、淡いパープルをメインにするなどの工夫をするといいでしょう。

<心理効果>
幸福力の上がるカラーだとされています。
また、芸術的なセンスを磨くことにも効果的です。

<風水>
出会い運・恋愛運・金運UP

赤(レッド)

<印象>
赤をメインにした部屋は、カッコよく、パンチが効いている部屋になりますね。
ロックテイスト、アメリカンテイストなどのインパクトのある部屋を作るのにはもってこいのカラーでしょう。
一方、夏は暑苦しいというマイナスイメージもありました。

<心理効果>
興奮作用の高いカラーであり、活発に過ごしたい方に向いています。
エネルギッシュに作業や勉強をしたい方に向いています。

<風水>
健康運、仕事運、人気運UP

橙色(オレンジ)

<印象>
赤と黄色の中間色でありますが、両方のカラーよりもマイルドな印象を受けます。
また、太陽のような暖かなエネルギーを感じます。
ポジティブなイメージを持っている方が多く、万人受けするカラーだと言えるでしょう。

<心理効果>
食欲増進効果や人間関係を良好にする効果があると言われています。
みなさんで食事を囲んで楽しく過ごしたい方にお勧めです。

<風水>
恋愛運UP

黄色(イエロー)

<印象>
イエローは、元気で明るい印象をもつという方が多いです。
ビタミンカラーの部屋は、ハツラツとしている印象を与えますね。
楽しく、ポジティブなイメージを持たれる部屋になるでしょう。

<心理効果>
集中力UPに効果的だと言われており、作業効率を上げることが期待されます。
また、活動的になるカラーであり、高揚感を得やすく、賑やかに過ごしたい方にお勧めです。

<風水>
金運・恋愛運UP

桃色(ピンク)

<印象>
ピンクのお部屋は、女の子らしく乙女チックな印象を持ちますよね。
甘くやわらかいイメージを与えます。
マイナスイメージの意見としては、ラブホテルのようなどアダルトなイメージや、ぶりっ子が住んでいそうという意見がありました。

<心理効果>
女性ホルモンが分泌されやすくなる色であり、美容に良いとされています。
また、心を穏やかに保つ効果があります。

<風水>
恋愛運UP

白(ホワイト)

<印象>
シンプルで洗練されたイメージの透明感のある部屋になります。
清潔感を感じやすいカラーではありますが、一方で落ち着かないという意見も。
また、病院の色のイメージなど、意外にもマイナスなイメージを持っている方が多くいました。

<心理効果>
清潔感があり、浄化作用のあるカラーです。
一方で、不安感や疲労感を感じさせやすいカラーだと言われています。
これを解消するためには家具や大きなインテリアには別のカラーを使うと良いでしょう。

<風水>
浄化効果、仕事運UP

クリーム、ベージュ

<印象>
真っ白ではなく、少しくすんだクリームやベージュはナチュラルなイメージを与えます。
真っ白なホワイトベースの部屋に比べると、清潔感、透明感が軽減されるようです。
北欧、田舎、カントリーテイストの部屋をイメージされるという方もいました。

<心理効果>
主張しすぎない色であり、ストレスフリーに過ごしたい方にオススメです。
リラックス効果が高く、心身に安らぎを与えます。

<風水>
人間関係・金運UP

黒(ブラック)

<印象>
モダンでスタイリッシュな印象を与えます。
装飾によって、ラグジュアリーになるかシンプルになるかが決まります。
一方で、やや暗い印象をもつ、怪しさを感じるという意見もありました。

<心理効果>
黒に囲まれると心身は緊張状態になると言われています。
また、光を通さないカラーであり、明るい気を失うとされています。

<風水>
信頼度・金運UP、他カラーの風水効果UP

茶色(ブラウン)

<印象>
グリーンや黄緑と同様に自然のイメージを持っている方が多いです。
明るいブラウンは、クリームやベージュに近いナチュラルな印象が加わります。
一方、色の濃いブラウンは、ブラック特有のモダン、クールな印象が加わります。

<心理効果>
精神状態を安定させる効果があるといわれます。
作業に集中したい方のお部屋に向いています。

<風水>
家庭運UP、他カラーの風水効果を安定させる

灰色(グレー)・銀(シルバー)

<印象>
モダンでスタイリッシュな印象を与えます。
淡いカラーであり、柔らかい印象をも与えます。
コンクリートと同じカラーであり、冷たく無機質だと言われる方もいます。

<心理効果>
忍耐強さや受容的な態度を養うとされています。
集団生活の場や、協調性を磨きたい方にオススメです。

<風水>
仕事運UP、他カラーの風水効果UP

印象や効果を参考にメインカラーを選びましょう!

今回は、それぞれのカラーの部屋が与える印象、心理効果、風水における効果をご紹介しました。
部屋のカラーは、常に目に入るカラーとなり、大きな影響を与えます。
自分が得たい運気や印象からメインカラーを選びましょう。